スキンケア ニキビ 美容方法

目指したい!マイナス5歳肌のつくり方

更新日:

アンチエイジングのイメージが強く、20代前半の女子にはまだまだ先のことのように感じられる「マイナス5歳肌」対策ですが、『生涯美肌』を貫くために今から知っておいてほしいこととして、前回は「基本的な皮膚の機能と美肌ケア」をご紹介しました(20代前半から目指したい!マイナス5歳肌のつくり方)。その中から今回は、「表皮のバリア機能」を保つために『絶対にやってはいけないこと』をご紹介します。

【1】[絶対ダメ]一晩くらいなら大丈夫?メイクを落とさずに寝る

化粧を落とさず寝る

経験がある女子は多いかもしれません。飲み会やデートで帰りが遅くなり、はしゃぎ疲れて部屋に戻った途端、そのまま布団の中へ。気持ちはとってもわかります。でも、美肌のためには絶対にダメ。メイクを落とさずに寝てしまうと、一晩で肌年齢は10歳も老けるといわれています。

それは、メイクの成分と毛穴から分泌された皮脂が混ざり合って酸化し、汚れた脂が顔中にベタベタついている状態だからです。クレンジングと洗顔で清潔な肌に戻してから寝ましょう。どうしてもムリという時は、せめてメイク落としのシートやコットンで表面の汚れだけでも取って。その場合は擦りすぎに注意して、翌朝しっかりリペアケアをしてね。




【2】[絶対ダメ]太陽は友だち?紫外線なんて気にしない

紫外線 お肌

初夏の5月から8月の夏本番にかけて、紫外線はどんどん強くなります。海や屋外のレジャーイベントで日焼け止めを使用している女子は多いと思いますが、日常生活ではいかがですか?紫外線は肌の水分保持機能を低下させ、後のシミやしわを増やす一番の原因です。日焼け止めを上手に使って、夏の強い紫外線から肌を守りましょう。
日焼け止めの成分には、大きく分けて「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2つがあります。「紫外線吸収剤」は、長時間のUVカット効果があるけれど、肌への負担が大きいのでどうしてもの時の海やレジャー向け。「紫外線散乱剤」は、UVカット効果が短く白浮きするものもあるけれど、肌への負担が軽いのでデイリーユースにおすすめ。いずれも、日焼け止めには表皮をプロテクトする成分が多く含まれるので、メイク落としと保湿は念入りに。美肌のためには、毎日のケアが大切です。

【3】[絶対ダメ]気になるから仕方ない?ニキビや角栓は自分で取りのぞく

気をつけていても、ホルモンバランスの乱れからできてしまったニキビや小鼻のぶつぶつ角栓は困りものです。そんな時、すぐにでも治したいからといって、自分で取り除くのは絶対にダメ。

ニキビを自分で除去するコメドプッシャーや角栓を一気に抜きとる毛穴パックなどがありますが、きちんと元の美肌に戻すためにはそれはとっても危険です。余計にニキビが悪化したり、開いた毛穴がそのままの状態になって新たな角栓ができやすくなってしまったり、もっと大きなトラブルになる可能性があります。
もしニキビができてしまったら、まずは肌を清潔に保ち、自然に治るのを待ちましょう。どうしても待てない時は皮膚科に行くことをおすすめします。もしぶつぶつ角栓ができてしまったら、毎日のホットクレンジングと洗顔で根気よく角栓を取り除き、トーニングローション(収れん化粧水)で毛穴を引きしめましょう。時々フェイシャルエステで毛穴ケアをするのもおすすめです。

自宅でエステ効果!!!リピーターの多い商品はこちら

【世界累計57冠】乾燥肌に潤いとハリを・・ほめられ肌へ

【世界累計57冠】に輝いたアルガンオイル。

お肌の潤いとハリ感があふれるほめられ肌を叶えます。

美肌ブースター・プルン肌・エイジングケア。使ったことのない方はぜひ1度お試しください。あなたのお肌のお悩みが解決します。

92%がお肌の変化を実感!フラセラ クリアソープ

92%がお肌の変化を実感!

こだわったのは、結果の出せる美容成分

まずは1度使ってみて実感してみて下さい。簡単にお肌の悩みが全て解決しますよ。

1

目次(ΦωΦ)v1 炭酸水の効果は女性に嬉しいものばかり♡2 炭酸水はダイエット効果がある♡3 炭酸水を使った美容法は3つ!3.1 ①炭酸水を使ってシャンプー3.2 ②炭酸 ...

2

最近注目されている“炭酸美容”。タレントの道端アンジェリカも炭酸美容を愛する一人で、数々のメディアで「毎日炭酸水を浴びている」と語っています。また、最近はシャンプーのときに炭酸泉を使用する美容室も増え ...

-スキンケア, ニキビ, 美容方法

Copyright© 【プロから学ぶ】自宅で出来る簡単エステと美容方法 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.