入浴 入浴

入浴時間を美容エステ時間に変える5つのポイント

投稿日:

ofuro-1

一日の疲れを取ってリラックスできるバスタイムは女性にとって、とても貴重な時間。

正しい入浴方法でお風呂に入るとリラックスできるだけでなく、美容と健康にも効果的です。せっかくお風呂に入るなら美も手に入れたいですよね。

そこで今回は美と健康に効くお風呂の入り方をご紹介します。

 

■入浴は短時間

長時間お風呂に入れば疲れが取れると思っている人がいますが、長く風呂に入ることはかえって逆効果になってしまいます。

お風呂に入る時間は長くても15分から20分で十分です。長くお風呂に入る場合は半身浴にしましょう。

肩まで浸かる場合は短時間でパパっと温まるようにして下さいね。

 

■熱いお風呂は逆効果

熱い風呂

熱いお湯のお風呂に入るとお肌の潤い成分が体外へ流出してしまって、カサカサのお肌になってしまう可能性があります。

特に冬場は熱いお風呂に入りたくなりますが、美容的には逆効果。さらに熱いお風呂は心臓にも負担をかけてしまうので、健康の面でも良くありません。

高温のお風呂に入る場合は、休憩を挟んだり、保湿効果のある入浴剤で工夫しましょう。

■体温が落ち着いてから就寝

就寝

就寝前の入浴はぬるま湯に浸かることが大切です。熱すぎないお湯に浸かることでリラックス効果も増します。

お湯が熱すぎると体が興奮状態になってしまうので、リラックスできないままベッドに入ることになります。熱いお湯に入浴した後は、しばらく時間をおきましょう。

リラックスできないまま寝ようとしても深い眠りに入ることが難しいもの。就寝前には体がほんのり温かい、位がリラックスできて深い眠りに入ることができますよ。

 

■夏こそ全身浴

全身浴

夏には全身浴がオススメです。全身浴は代謝が良くなり冷え症が改善され美肌効果も期待できるので、美容にも健康にも適しています。

時間が無い人でもまずは10分程度継続的に全身浴をすることで、健康な体になりますし、お肌の調子も良くなりますよ。

全身お湯に浸かることで皮膚の雑菌の繁殖を抑えるので、夏の汗臭さも回避できます。

もちろん半身浴より、時間が少ないからといって水分補給は怠らないで下さいね。

 

■シャワーだけでなくしっかり浸かる

シャワー

特に夏場はシャワーだけで済ませる人が圧倒的に多いですが、シャワーだけだと疲れも取れませんし、美容効果も期待できません。

ちょっとぬるいくらいのお湯に15分浸かることでじんわりと汗をかいて、美容にも健康にも効果があります。

出来れば夏場でもシャワーだけでなくしっかりとお風呂に入って効果的に疲れを取ってお肌への負担を軽くしましょう。

いかがでしたか。

このように入浴をすれば、リラックス効果を得るだけでなく、美容や健康、冷え性の解消にも繋がっていきます。

ちなみにお風呂あがりに冷水を足にかけると湯冷めも防止できるのでオススメですよ。

自宅でエステ効果!!!リピーターの多い商品はこちら

【世界累計57冠】乾燥肌に潤いとハリを・・ほめられ肌へ

【世界累計57冠】に輝いたアルガンオイル。

お肌の潤いとハリ感があふれるほめられ肌を叶えます。

美肌ブースター・プルン肌・エイジングケア。使ったことのない方はぜひ1度お試しください。あなたのお肌のお悩みが解決します。

92%がお肌の変化を実感!フラセラ クリアソープ

92%がお肌の変化を実感!

こだわったのは、結果の出せる美容成分

まずは1度使ってみて実感してみて下さい。簡単にお肌の悩みが全て解決しますよ。

1

目次(ΦωΦ)v1 炭酸水の効果は女性に嬉しいものばかり♡2 炭酸水はダイエット効果がある♡3 炭酸水を使った美容法は3つ!3.1 ①炭酸水を使ってシャンプー3.2 ②炭酸 ...

2

最近注目されている“炭酸美容”。タレントの道端アンジェリカも炭酸美容を愛する一人で、数々のメディアで「毎日炭酸水を浴びている」と語っています。また、最近はシャンプーのときに炭酸泉を使用する美容室も増え ...

-入浴, 入浴

Copyright© 【プロから学ぶ】自宅で出来る簡単エステと美容方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.